page top
ニチリウ永瀬総合見本市に出展しました
光触媒胡蝶蘭(アーティフィシャルフラワー)を、25日と26日に福岡マリンメッセで開催された園芸用品・飼料・肥料の専門卸商社さんの展示会に出展しました。このたび、ネットでの紹介を始めたこともあり、担当はやや異なるのですが応援に行って来ました。このところの例に漏れず、朝は冷え込み、広い会場では屋内であるにも関わらず耳が冷たく感じました。でも、開場してしまえば人の熱気でどんどん暖かくなって行きます。
170127お花の展示会02(320x240)
170126お花の展示会01 (320x240)
水やりの要らない胡蝶蘭自体は他にも出展されていましたが、自社の製品が一味違って見えるのはひいき目なのか職人技の差と言うべきでしょうか。アーティフィシャルフラワー作りの難しさは、生花のことが十分に分かっていないと「似て非なるもの」から抜け出せないことにあると思います。お昼を回ってから会場を後にすると、博多港国際フェリーターミナルと街中を結ぶ、全長18mの連接バスに初めて乗れました。長かったですよ。

矢野
スポンサーサイト
page top
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
ここ久留米の初詣と言えば、筑後一宮「高良大社」となるところですが、只今平成30年春までの予定で大修理中です。そこで、少し足を延ばして、お隣の佐賀県鹿島市にある「祐徳稲荷神社」にお参りして来ました。正月2日とはいえ、道真公を祭った「大宰府天満宮」と並ぶ初詣客の多さで、初詣渋滞に乗ってから駐車できるまでに1時間かかりました。鳥居をくぐり参道を歩けば、当然お狐様が迎えてくれます。
2017祐徳稲荷お狐
2017祐徳稲荷
御本殿に上がって列に並び「商売繁盛」と「平和な世の中になりますように」とお祈りしました。御本殿の裏手から更に石段を200m余り上ると、奥の院に到着します。天気予報が雨降りを告げていたので、少し警戒したのですが、コンビニで手に入れたビニール傘を開く機会はありませんでした。でも有明海を望む景色はモノクロで霞んでおり残念。皆様にとりまして幸多き歳となりますよう、お祈りしております。

矢野
© 彩光スタッフ日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG